新卒
ENTRY
中途
ENTRY

できないからできる この挑戦を大切に!

小原聖貴MASAKI OHARA

マーケティング部/2019年新卒入社

HOME / SANWAのヒト / 小原聖貴

Q

学生時代に色々な企業のインターンなどを受けていく中で、三和ペイントの年齢が近い先輩がいきいきと働いているのを見て、圧倒的な成長空間があるのを肌で感じたからです。しっかりと自分の芯を持ち、いきいきとした眼差しで目の前の業務に対して責任を持って全うしている姿を通して、1年後2年後という近い将来に自分自身も同じように活躍できる人材でありたいと思いました。また入社前に営業職として三和ペイントでアルバイトをしましたが、日々自分が成長しているのを実感できたので、入社を決めました。

Q

様々な企業様からのリクエストやご要望を窓口として一括でお受けし、内容を精査して営業など関係各所に対応を振り分けています。例えば、新築住宅のみを取り扱っている企業様から、建てた住宅のメンテナンスやリフォームについて相談されることもあります。お客様へのアポイントなどは営業が担当しますが、そこに至るまでの調整を担当し、お客様と三和ペイント、またご紹介いただいた企業様にとって相互に良い結果になるように努めています。また他の企業様からご提案やご依頼を頂くだけではなく、自ら法人のお客様に営業をすることもあります。

Q

他企業の方と一緒に案件の運用方法などを話し合って進めていくことが多いので、良い結果に繋がったり目標を達成できたりした時に、社内だけでなく社外の方とも喜びを共有できることが今の仕事の醍醐味だと思います。苦労していることは、新しい提携先と仕事を開始する際、運用がスタートするまでの現場と提携先の調整です。営業が仕事を進めやすくなる方法を模索しながらも、提携先の方ともスムーズなやり取りが求められるため、そのバランスに悩むことも多いのですが、無事に運用がスタートできた時はとてもやりがいを感じます。

Q

入社2年目でマーケティング部に異動した時、引継ぎがスムーズにいかず、新しい提携先の担当者の方からお叱りをいただいたことです。その際に、私個人に対してだけではなく、三和ペイントと提携するにあたり「もっとこうしてほしい」とご意見をいただきました。引継ぎミスによるレスポンスの遅さなどを反省しましたが、同時に自分自身が三和ペイントの顔として企業の方とやり取りをしていくことに責任の重さを実感しました。そしてその経験があるからこそ、レスポンスはとにかく早く、どんな時も丁寧にということが、仕事の原点になっています。その企業様とは、今はとても良い関係が築けています。

Q

大学のゼミとアルバイトです。ゼミは研究テーマに関して論文などを調べるだけでなく、フィールドワークで京都や瀬戸内・横浜に行き、現地観察や観光客へのアンケートを行いました。その中で、本などを読んで解釈するだけでなく、フィールドワークでしっかりと現場や現実を見ることの重要性を学びました。また、仲間と協力して取り組んだ日々は、とても楽しく記憶に残っています。アルバイトは複数経験しましたが、中でもライブハウスとコンサートホールが印象に残っています。働くようになってからロックが好きになったりクラシックに興味が出たりと、趣味の幅が広がりました。

休日の過ごし方

休日はNETFLIXで映画やドラマを観てリフレッシュしています。最近ハマっているカテゴリーはSF・サスペンス。普段味わうことができない世界観が病みつきになります。自分の感想・解釈を友達やネットの口コミと比べてみるのも楽しみの一つですね。

小原さんと働く
チームメンバーからの声

営業部・本部長
T.Kさん

アライアンス提携を加速させ組織へリード提供する若きリーダー!

新卒1年目から新たな部門の立ち上げメンバーに選ばれた彼。右も左も分からない新たなチャレンジ領域。しかし若いながらも自分の考えをしっかりと持ち、迷った時は上位職へ質問しアイデアを貰う。さらに主体的に提案するなど、任された事にやり甲斐を持ち責任を持ってやり遂げる事が強みだ!そんな彼はこれからの組織の発展に貢献する貴重な人財になっていくだろう!

エントリーはこちら

こちらのエントリーフォームより
お申し込みください。

新卒ENTRY 中途ENTRY