新卒
ENTRY
中途
ENTRY

三和ペイントを選んでくださったお客様の選択を正解にする

石原雄大YUDAI ISHIHARA

営業部/2016年新卒入社

HOME / SANWAのヒト / 石原雄大

Q

はじめは収入面と安定感から金融業界を目指していましたが、友達に誘われた合同説明会で三和ペイントと出会いました。選考を進めていく中で、他企業の面接では自分を良く見せようとしていましたが、三和ペイントではフラットな感じでありのままの自分を認めてくれる環境があり魅力を感じました。また社長が熱く夢を語る姿を見てカッコいいと思い、その夢を一緒に実現していきたいと思いました。さらに年齢やキャリアに関係なく評価制度が平等で、この小さな会社に入ることは自分にとってチャンスであり、会社を大きくしていくプロセスを自分が作っていきたいと思い、入社を決めました。

Q

家族など周りで営業職に就いている人がいなかったため、営業職に対してきちんとイメージができていませんでしたし、メイン層となるお客様は自分の両親や祖父母と同じ年代の方々なので、はじめはお客様の求めているニーズを掴み、求めているものに対して解決策を提示することに苦労しました。しかし少しずつ仕事にも慣れていき、その中で様々な職業や価値観のお客様と出会えました。商談の際は、お客様のプライベートな空間に入れていただきお話をするので不思議な感覚もありますが、どんどん価値観や世界が広がっていく感じがするので、自分がアップデートされていくようで、仕事のやりがいや面白さを感じています。

Q

入社前に内定者として営業のアルバイトをしていた頃、アポ取りの架電に誰よりも時間を使っていましたが、成果がでませんでした。くじけそうになる瞬間もありましたが、「出来る人がいるということは、誰にでも出来る方法が必ずある」と考え、営業職が向いている向いていないではなく、やると決めている人にこそ、その道の成果を挙げられるんだということに気が付きました。そこから電話に向かう姿勢が代わり、「誰もが家を大切にしたい気持ちがあるはずだから後はどう寄り添うか、お客様の本心を聞き出せるか」を意識して話し方を工夫し、アポを頂けるようになりました。

Q

大企業を豪華客船と例えるなら、三和ペイントは小舟であり、全社員で思いっきりバタ足して漕いでいるイメージです。小さいからこそ自分の仕事が会社にどのように影響を与えているかが分かりやすく、みんなが会社を良くしていこうと一生懸命に取り組んでいます。またお金のための貢献ではなく、貢献した価値としてお金をいただくという優先順位を大切にしているので、お客様のためにどうなったら良くなるかなどを本気で考えて行動しています。そして汗をかいて懸命に頑張っている仲間を誰も笑わない、むしろお互いに影響を与え合っているという風土がカッコいいなと感じています。

Q

アルバイトならオシャレな職場や家からの距離などで選ぶ方も多いと思いますが、仕事は30年40年働くことを考えた時に、重視するべきは企業の考え方や人などが、頭で考えるよりも自分が感じるものがピッタリと合うかどうかだと思います。条件ばかりに捉われず、会社の理念などに共感し一緒に目標に向かっていける仲間がいてこそ、前向きに仕事ができると考えています。そのため、三和ペイントでは仕事内容の説明より先に、ビジョンや大事にしていきたい判断基準など、まずは求職者の考えを明確にしていき、そこに対して三和ペイントがマッチするかという採用を行っています。判断基準が不明確なまま採用活動をするのではなく、一度弊社の選考を受けることで今後良い判断基準を持って人生の選択ができると思います。

休日の過ごし方

休みの日にすることは、結構ルーティン化しています。整骨院に行き、映画を観たり、ドライブしたり、こどもを公園に連れていくことが多いです。夕方には一緒にお風呂に入り、夜は好きなお酒で晩酌をして過ごしています。

石原さんと働く
チームメンバーからの声

営業部
支社メンバー
T.Mさん

完全無欠、全知全能のスーパーマン!

支店全体の数字の成長と、個人としての成長の二つの観点から「今何をすべきか?」を考え、アドバイスしてくれます。大阪支社は新卒一年目社員が多く在籍しているにもかかわらず、僕たちがいつでもやりたいことに挑戦できる環境を整えてくれています。僕自身、次席者として支店を見るようになると石原次長の凄さを改めて感じました。

エントリーはこちら

こちらのエントリーフォームより
お申し込みください。

新卒ENTRY 中途ENTRY